休みたいけど仕事がある|広島県安芸郡・府中町で交通事故治療・むちうち症でお困りの方は、なぎさ鍼灸整骨院へご相談ください。

休みたいけど仕事がある

こんなお悩みはありませんか?

  • 痛みがあるけど、仕事を休むことができない
  • 休業補償を貰うための手続きができない
  • どんな手続きがあるのかわからないので進める事ができない
  • 家族を支えるため、整骨院に通うことができない

休業補償をもらえることはご存知ですか

交通事故に遭ってしまっても、家族のために仕事を休むことができない、仕事をしない期間の収入が途絶えてしまうのは困ると思う方がほとんどだと思います。

しかし、被害者の場合は休業補償を請求することが可能です。
休業補償とは、交通事故で怪我をして働くことが困難になり、利益を得られなくなった方向けの補償になります。

休業補償を受けるためには

休業補償は、交通事故での申請であればたとえ、アルバイトの方でも収入があるので休業補償は認められます。
これに対して、家賃収入などで生活している不労所得者には休業補償は認められません。
何故なら、不労所得者は働けなくなったとしても収入に変化はなく、減ることもないため認めることが出来ません。
もちろん、無職無収入者も同様です。

休業補償(非対象者)

  • 会社役員(社長など)
    社長などの役員は、休業しても報酬が支給されることが多いため、休業補償の対象者として認めることが出来ません。
    ※報酬が支給されていない場合は休業補償の対象者となります。
  • 無職者
    無職者は交通事故に遭っても収入の変動がないため休業補償の対象者としては認めることが出来ません。

休業補償(その他)

  • 就職活動を行っている場合
    就職する意思があり、就職活動時に事故に遭った場合は休業補償の対象者として認められます。
  • 内定をもらっている場合
    既に内定が決まっており、仕事に就く方の場合、休業補償の対象者として認められます。

休業補償の計算方法

休業補償を受けられる場合の計算は下記の通りになります。

『1日あたりの基礎収入×休業日数』
例:3ヵ月間休業補償 給料20万 日数90日
(20万+20万+20万)÷90日間=6,666円が1日当たりの基礎収入になります。

休業補償はどこまでもらえるの?

有給を使用した期間

交通事故に遭い、有給を使用して通院する場合は休業補償の対象者として認められます。
本来、有給は就労しなくても給与をもらえる権利になるため、交通事故により権利を余儀なくされる場合は補償対象とすべきだからです。

退職を余儀なくなれた場合

交通事故の治療により期間が大幅にずれ、会社から退職を余儀なくされた場合は休業補償対象者として認められます。
休業補償期間は退職してから症状が安定するまでの期間となります。